ラクラク電子契約は、収入印紙税・事務経費削減、コンプライアンス強化に最適です

電子契約導入のポイント

電子契約導入のポイント

1

電子契約のメリット

印紙税の削減や事務作業の効率化、コンプライアンス遵守の強化などを目的に多くに企業が電子契約を導入しています。
電子契約の基本事項を解説します。詳しくはこちら

2

印紙税削減の根拠

電子ファイル化された契約書には印紙を貼る必要がありません。 その根拠について解説します。
詳しくはこちら

3

電子契約に関する法律

電子ファイル化された契約書には印紙を貼る必要がありません。 その根拠について解説します。
詳しくはこちら

4

電子証明書とタイムスタンプ

電子契約を導入するうえで関連ある法律として、電子帳簿保存法、電子署名法、e-文書法、IT一括書面法などがあります。
これらの法律について解説します。詳しくはこちら

5

建設請負工事における電子契約

電子契約の導入企業が実際にどのようなメリットを享受しているのかを具体的な事例を説明します。
詳しくはこちら

6

契約相手・金融機関への説明ポイント

約書を多く取り交わす業種の一つに建設業があります。 ここでは建設工事における電子契約の留意点について解説します。
詳しくはこちら

7

税務調査にスムーズに対応するポイント

電子契約を導入する場合に、契約先等にどのような説明すればいいのか、その留意点について説明します。
詳しくはこちら

8

電子契約の活用事例

電子契約導入後に、税務調査にスムーズに対応するためのポイントについて説明します。
詳しくはこちら